飲食店・カフェ・開業経営への道!


繁盛期

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

飲食店には1年の間に繁盛期と閑散期があります(都市部ではそうでもありませんが)。

私の出店予定地は、避暑的な観光地のために夏休みの時期が繁盛期で、逆に冬が閑散期になります。特に集中するのがゴールデンウィーク・お盆・お正月の時期で、この時期の特需をターゲットに、テイクアウトを考えています。

出店予定地近くに道の駅があるのですが、この時期には長蛇の列が並びます。待ち時間も長く、並んで30分・席について30分なんてザラのこと。1時間待ちが普通になっています。

食事時間を合わせれば1時間半〜2時間、観光地では致命的な時間のロスだと思います。

この長蛇の列を、私のお店に誘導しようと考えているのですが、それ自体はそれほど難しくありません。他に競合するお店も少ないため、清潔で入りやすそうな店舗を構えていれば自然と流れてくると思います(もちろん観光スポットでの宣伝もします)。


スポンサーリンク

ただ、これだけの人数となると客席数がネックになります。いくらお客様に来て頂いたとしても、満席であれば意味がありません。

また、多くの席数を構えるには店舗の広さが必須となるため、個人のお店では非常に難しい問題です。お店を広くすればするほど、人件費を含めた維持費用も掛かります。

ある程度多くの売り上げと、将来性を確信していなければ、リスクを背負うことになってしまいます。1店舗目としては、とてもじゃないけど挑戦できません。

そこで、テイクアウトです。テイクアウトにすれば、厨房内だけの回転を上げれば十分に対応できます。お客様としても、待たされることなく、観光スポットで食事をすることもできます。

売り上げ的にはテイクアウトだけで3〜5万円近くの売り上げを予想しており、レストランを合わせると20万円ほど売り上げられると思います。

平常時 3.5〜5万円売り上げを予想している店舗では、まさに別格の売り上げです。この時期に少しでも多く売り上げることが、経営の安定に繋がると思います。

繁盛期


スポンサーリンク

飲食店 カフェ 開業 経営

BTO

スマホカバーのケース屋さん

パソコン通販

ラジコンヘリコプター

遠投カゴ釣り