飲食店・カフェ・開業経営への道!


経費削減を重視する理由

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

利益を上げるためには、2つの方法があります。1つは、「売上げを上げる」こと。そしてもう1つは、「経費を削減する」ことです。

しかし、企業の経営改善策では売上げ増大策よりもリストラに代表される経費削減策がメインとなります。これは何故でしょうか?

それは、「必ず計算できる数字である」からです。

例えば、電気代の削減。照明のスイッチを入れる時間を厳守したり、エアコンの温度を変更するだけで電気代は変わってくるのですが、これは電源や設定ボタンを押せば必ず結果がでるものです。

売上げを上げる策はギャンブル性を含んでいます。どんなに有力な商品であっても100%はありえません。少ない可能性ながらコケるリスクは必ず含まれています。

それに対して経費削減策は、すればするだけ、必ず結果が付いてきます。リストアすれば間違いなく人件費は少なくなります。売上げを上げる策のように不確かなものではありません。

さらに経費削減策は売上げ増大策の約1.3〜1.5倍の効果を持っています。


スポンサーリンク

従業員を1人分減らして、1日7000円(時給700円 10時間営業)の経費削減をしたとします。
この7000円という数字を売上げ増でまかなおうとすれば、10000円前後の売上げが必要となります。

商品には必ず原価が掛かるので、7000円の利益をあげるには7000円の売上げではダメなのです。

「必ず計算できる数字であり、効果も売上げ増大策の約1.3〜1.5倍」

これが経営改善策で経費削減策がメインとなる理由です。

ただ、人件費削減の場合は単純に人を減らすだけではお店の質が低下します。動線に注意して負担を軽減し、お店の質を下げずに人員を削減するように努力しましょう。

経費削減を重視する理由


スポンサーリンク

飲食店 カフェ 開業 経営

遠投カゴ釣りしま専科

BTOパソコンショップ BTO高知

美しすぎるスマホ カバー

パソコン通販.com

室内ラジコンヘリコプター&飛行機入門