飲食店・カフェ・開業経営への道!


固定客化率の重要性

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

売上げを上げるには2つの方法があります。それは、客単価を上げる方法と、来店客を増やす方法です。客単価は、来店されたお客様に多くのお金を使って頂く方法で、顧客管理の方策です。

一方、来店客を増やす方法は、一見客の呼び込みがメインとなるのですが、ここで重要なのが固定客になる確率です。

来店客数の内、一見客の数はいつもほぼ一定です。

数の大小は店舗や立地によって変わりますが、そのお店に訪れる一見客の数は毎月そう変わりません。この一見客を固定客に変えることができれば、毎月の来客数は増え、売上げも上がります。

そして、繁盛店になればなるほど、一見客の固定客化率が高くなります。

一見客を獲得することは非常に難しい方策で、コストも大きく掛かります。しかし、それだけ苦労しても固定化率が低ければ意味がなくなります。

例えば、固定化率が10%だったとします。10人来店されて固定客になるのは1人です。ところが、固定化率が20%であれば5人来店されるだけで1人の固定客を掴むことができます。

一見客の獲得に費やす努力やコストは半減します。


スポンサーリンク

また、お店が賑わってくれば一見客の来店数も増えてきます。閑散としたお店にはじめて入るのは勇気が要りますが、賑わっているお店であれば安心して入店できます。

その一見客がまた固定客へと変わっていく。まさにポジティブスパイラル(好循環)です。

逆に固定化率が低ければ、固定客が離れれば一気にネガティブスパイラル(悪循環)に突入します。
固定客も、お店に飽きたり、転勤など様々な要因で離れることがあります。

そのときに一定のお客様を確保していれば問題ないのですが、確保できていなければさらなる固定客離れや、一見客数の減少に繋がります。

固定客はお店のベース(売上げ含む)となるものです。一見客を呼び込む努力も必要ですが、固定化率に気をつけましょう。

固定客化率の重要性


スポンサーリンク

飲食店 カフェ 開業 経営

遠投カゴ釣りしま専科

BTOパソコンショップ BTO高知

美しすぎるスマホ カバー

パソコン通販.com

室内ラジコンヘリコプター&飛行機入門